いよいよ結婚、そして引越し

3年の一人暮らし期間を経て、私はとうとう結婚することになりました。 本当はもっと長くなるであろうと考えていた一人暮らしなだけに、なんだか気が抜けてしまった思いでした。

婚期は突然おとずれたので、全く結婚を意識していなかった私は一人暮らしでありながら家電はけっこう良いものを購入し、次の引越しの事など考えず色々と一人でリラックスできるようなアイテムを部屋にいくつか持っていました。それらをこんなに早く手放すことになるとは全く想像もしていなかったのです。 結婚ですから、当然一人で住むわけではありません。

相手も一人暮らしだったので当然二人分の荷物になります。 引越して同じ家に住むのですから同じようなものがあればどちらかのものを処分しなければならないのです。 私はとりあえず彼の家にある家電をチェックしました。 彼も私同様意外と良い家電をそろえていたのでどちらを選ぶかとても悩みました。 結局買取業者さんにお互いの家を見てもらい、金額を高く買ってくれそうなものを残すことにしました。

次に悩むのは服です。私は女性ですから服は当然それなりにあります。靴だって自分の部屋の置き場所に困るくらいありました。 それに加えて結婚相手のものもあります。これもとりあえず相手のものをチェックして古そうなもの、身に着ける可能性が低いものなどを説得して処分してもらうことにしました。

私自身もネットで売れそうなものは売って、とにかくお金になりそうなものはお金に変えました。ただでさえ結婚式にはお金がかかるし、引越しの費用だってばかになりません。いままで一人だった計算も二人ベースで考えると得なことや二倍になることなど様々です。でも、輝かしい未来を想像するとそれもまた二倍楽しい気持ちになるものです。 一人暮らしをする時の引越しはなんだか寂しいものがありましたが、結婚する時の引越しは本当に幸せなものです。